​ワークショップはこんな方々にオススメです

​SDGsを社内やチームに浸透させたいと考えている方

​今までの学習方法ではSDGsの世界観がピンとこない方

​チームでレクリエーションを行いたい方

​SDGsについて理解を深めたい方

​上記に限らずキッカケはどんな些細な事でも構いません。

​ワークショップは最小で6名から実施します。

​SDGsに関心がある方は一度体験してみて下さい!!

​どんなカードゲーム?

​ワークショップで実施するカードゲームは『2030SDGsカードゲーム』といいます。

​人によってはカードで学習なんてできるの?と思う人もいるかもしれません。

​でも、安心して下さい。

​私たちが実施するカードゲームは実際に国連でも実施されており、高い評価を得ています。

​上の画像は実際に国連で実施された際の写真です。

​ゲーム体験中の様子をまとめた動画があるので是非、こちらもご覧ください。

優れたアウトプットインプットの割合。

​SDGsの本質を学び、インプットをしっかり持ち帰られる要因にアウトプットがあります。

​人はインプットした情報は20分で42%忘れると言われています。

​月日が経つごとに更に上昇していきます。

​記憶はインプットとアウトプットの繰り返しで強固になっていくとされておりますが、当ワークショップでは『ゲーム体験』と『振り返り』によってインプットとアウトプットが何度も何度も繰り返されます。

​当ワークショップは非常に満足の声が多くありますが、それは他のインプット主体のセミナーでは理解できなかった事が、アウトプットにより腹落ちする事が多い事も要因の一つです。

​ワークショップの流れ

​SDGs概要説明

約10分

​カードゲームルール説明

約20分

(デモンストレーション含む)

​カードゲーム体験

​約1時間

​振り返り

​約1.5時間 (推奨)

​振り返りは少人数でディスカッションしたり、全体で共有したりを繰り返し、非常に学びの深い時間となります。

​ビジネスでの事例や、今後の活動への活かし方

​約1時間

​ワークショップ開催の相談はお問い合わせから