​目次

SEO

​(読み終えるまで約30秒)
​初級 : 
​エスイーオー
​初級 : 
​(読み終えるまで約2分)
​中級 : 
​(読み終えるまで5分〜)
​おまけ : 
 
​エスイーオー

SEOは検索で上位に表示させる方法

​検索  エンジン    最適化
​SEO(Search Engine Optimization​)
googleやyahooで何かを検索した時に表示される順番は人間が決めている訳ではなく、googleのアルゴリズムによって決定されています。
googleも無益なサイトを上位に表示してしまえばユーザーの満足度が下がり、どんどん検索する人たちが減ってしまっては困ります。
​上位に表示されれば、多くの人に見てもらう事ができる為、かなり有効なマーケティングになるという事です。
​ですので、googleのアルゴリズムに私たちのサイトは有益だよと教えなければなりません。
​その為に必要な考え方や施策がSEOと呼ばれています
 
​SEOの心得 = googleの理念を理解すること 
​アルゴリズムが判断するとはいえ、そのシステムを作るのは"googleの社員"つまり人間です。
​まず彼らの考え方を知らなくてはズレてしまいます。
​"理念"や"指針"ではなく"事実"と表現しているのはgoogleの成功体験から来るただの事実ということでしょう。
10の事実でも一つ目に書かれているのはユーザー第一ということです。
​必ず忘れてはいけないのが小手先の技術はよくSEO対策として紹介されていますが、ユーザーが満足できる内容でなければ何の意味もないという事です。

SEO​の心得①

​例えば、調べたい情報を検索しても、なかなか結論に辿り着けないページを見た事がありませんか?中には結論がどこに書かれているのかすら見つけられなかったりもあります。
googleはどのようなサイトが有益かを評価する基準を『E-A-T』と表しています。
​注 : 全て英語で167ページで書かれています。和訳サイトで変換してみると面白いです。
  • Expertise(専門性)

  • Authoritativeness(権威性)

  • Trustworthiness(信頼性)

​これは、前の章『SEOの心得』"ユーザーの満足"というフワッとした言葉をもう少し具体的に説明したものです。
​記載されている高品質なページの条件をいくつか紹介します。
​① ページの目的がキッチリ達成できる事。
​・情報ページ → 事実に基づいており、明確で解りやすい。
​・ショッピングページ → 商品、金額がわかりやすく簡単に買える。
​・エンタメページ → 面白い。(ユーモアや風刺が目的であれば、内容の正確さは必要ない)
② 専門家(分野によっては信頼できる経験者)が作成している。
③ 専門家の意見と矛盾がない。
④ 専門性のある人や団体から推奨​されている。
⑤ メインコンテンツのタイトルをわかりやすく表現している。
⑥ ウェブサイトの責任者が明確である。
(特に人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ)
⑦ 定期的に情報が更新されている。
​これらからわかるに、自身の発信したい事をただ単に発信するのではなく、料理のように盛り付けて人々の心を動かすコンテンツとして発信する事が大切だと言えます。
​心得の最後に
SEOに対して、ウェブ制作者の悩みは尽きないものです。
​繰り返されるアルゴリズムの更新や、その度に起こる順位の変動。
googleの主要人物John Mueller(ジョン・ミューラー)氏YouTube LiveでもSEOに関する質問に回答しており、「情報の権威性に関してはアルゴリズムで数値化して評価していない」などと発言しております。
​つまり、一つこれをしたからといって確実に順位が前後するものではなく、常にユーザー目線で小さな努力を続ける事が評価に繋がるといえます。
日本にはホームページ業者が10000あると言われており、世界各国にも多数存在する筈ですが、これらの動画の再生回数はわずか3000回程度である事から、真剣に最新の情報を入手しようと努力している人々は事実としてかなり少ないです。

SEO​の心得②

 

​チェックリスト